[an error occurred while processing this directive] RMの機能 | 住宅業界に特化した顧客管理システム「RMリレーションマネージャー」 | CRM

住宅会社の通常業務の中で、簡単にご利用頂けるように、設計しています。

  • 書類も履歴も顧客
    ごとに長期保存

  • 顧客情報を会社に
    あわせて自由に設定

  • 日々の結果もムダに
    せず、有効活用

  • 顧客ごとの対応履歴を
    一元管理

  • 対象となる顧客ごとに
    情報を的確に配信

  • 点検の前に必要な
    顧客情報を一覧化

  • 社内の連絡事項を
    まとめて共有

  • いつでもどこでも
    予定と顧客情報を共有

カレンダー

共有すること、残すこと。

いつ、だれが、どこで、どの案件について何をしているのか?
社員みんなの日々の仕事の履歴は、すべて大切な会社の財産!

社内で予定共有をし、日常業務の段取りをスムーズにする。POINT1

カレンダー×顧客管理

家づくりはチームで進めるもの。そのためにも〝情報共有〟は欠かせません。チームで効率良く業務を進めるには、顧客情報はもちろん、予定を社員間で共有することが大事。各人が行動予定を「カレンダー」に書き込み、更新後の「カレンダー」を見れば、全社員の行動予定を把握することができます。
社員間でスケジュールを聞かずとも、日常業務の段取りをスムーズに進められます。業務の進捗と今後の予定も共有できます。

みんなの予定と、顧客情報をひとつにして共有する!

個人の中にしかない経験や知識をカタチ=情報にする。POINT2

日報×顧客管理

“日報を書く”という普段の業務。「カレンダー」に備えられた機能「日報」を活用すると、毎日の日報を“お客様にどんな対応をして、どんな反応が得られたのか”などが“活動履歴”として自動的に蓄積できます。
 一人ひとりが取った行動と“契約を結べたか否か”などの結果の進捗具合はイコールの状態に。さらに、この履歴は社員それぞれの活動の記録にもなります。営業活動などの見直し・改善に一役かいます。

日報の目的は、情報を“残す”ため

顧客管理

散らかさずに、整理する

絶対に守るべきことは、散らかさないこと。
これは紙でもデジタルでも同じ。

顧客情報の整理と管理。バラバラなデータをすっきりひとつに。POINT1

顧客管理×カレンダー

住宅業界ではお客様からたくさんの情報を伺います。そのため、情報を必要な人が必要な分だけを保存、管理していることが多く、ひとりのお客様に対する情報がバラバラになってしまいがちです。DM送付のための名簿、営業活動のための名簿、引渡しをしたお客様だけの名簿などがそうです。
さらに、保存方法も紙とデータ…「顧客情報は、ここを見て」と言えるくらいにひとつにまとめると仕事の効率も顧客サービスの質も変わります。

お客様の情報が、すぐにわかる!

システムに合わせるのではなく、仕事に合わせる。POINT2

カスタマイズ×顧客管理

お客様の情報として必要な項目を自由にカスタマイズすることができます。新築、リフォーム、注文住宅、建売など、業態、商品、販売方法によって顧客情報が異なる部分があります。本当は必要な情報だけど登録項目が増やせないなどの条件が機能上で制約されてしまうと仕事に合わせて使うことができず、最終的には“使えない”という結果に…。大切なお客様の情報を継続的に守るためにいつでもカンタンにカスタマイズできるようになっています。

使い続けるには、ここがポイント!

将来のために、残す。

顧客にかかわる大切な書類。対応した人の履歴と結果。
すべては「家守り」のために。

対応の履歴は顧客からの信頼につながる。。POINT1

日報×顧客管理

お客様ごとの直接対応の履歴、関連する行動、作業の履歴までカンタンに把握、共有することがでる「活動履歴」機能。いつ、どこで、だれが、何をしたなどの履歴は会社にとって、とても大切な財産なのです。
中長期客再来時の対応、クレームの対応など、過去の履歴がきちんと残っていて、すぐに確認、対応できれば、ムダな時間とコストを抑えられます。それだけではなく、顧客サービスの質と満足度が向上します。

カンタンに、お客様ごとの履歴を残せる。

顧客に関連する書類も“家歴”として保存する。POINT2

カルテ×カレンダー

お客様に関わる図面や地図、申請書などの書類、施工写真をデータとして長期保存することができる「カルテ」機能。紙で残すと起こり得る紛失・劣化・探す手間がゼロに!これは残すことが目的ではなく、将来活用するための手段。
定期点検、将来のリフォームと、信頼をいただいたお客様の家守りとして継続的な関係づくり、そして再受注のためです。大切なお客様の情報は必要な時に必要なものを使えるようにしましょう。

定期点検予定を、モレなくお知らせ。実施も効率よく!

マイニング

顧客情報を、活用する。

情報をムダにせず、活用する。情報を利益に替える。
“現在”と“未来”の両方を考える。

紙では探すのが大変。情報がバラバラでもムリ。ひとつだからできる!POINT1

マイニング×顧客管理

顧客情報に登録されているすべての項目から指定した条件のお客様をカンタンに検索できる「条件検索」機能。たとえば、OB顧客、営業担当というひとつの条件から。見込み顧客と予算という複数の条件から。条件を指定すれば簡単に該当顧客を検索できます。必要なときに必要な顧客情報を必要なだけ検索することができれば、営業活動、イベントの案内などお客様の条件や状態、要望に即した活動を効率良く実行できます。

個々の顧客に、ベストな提案とサービスを提供。

顧客に合わせたアプローチを可能にする「DM印刷/一括メール配信」。POINT2

DM印刷/メール配信×マイニング

「マイニング」機能で抽出したお客様の情報をもとにDMラベル作成、ハガキ印刷など10種類のデータを作成できます。 また「一斉メール配信」もできるのでメールマガジンなどの一斉配信もカンタンに。この2つの機能によりお客様へのアプローチを効率的に行えるので、ターゲットを絞った営業活動や情報提供が可能に!
さらに、DM印刷とメール配信に利用した情報を履歴として顧客情報に自動保存します。

顧客との接点作りをカンタンにして、良い関係を築く。

レポート

顧客情報を、集約する。

みんなが登録した情報を集約。
それを実務に即したカタチで活用する。
顧客情報を整理、管理、共有しているから効率的に利用できる。

ユーザーさまの声をカタチにした4つの一覧表。POINT1

レポート×顧客管理

定期点検予定一覧、新規来場者一覧、見込み客一覧、契約者一覧。登録された顧客情報をもとに集計を行い、4つの一覧を表示する「レポート」機能。実務で使えるレポート機能は、顧客ごとの状況や状態をひと目でわかるようにしています。表示項目もそれぞれの一覧表で選択が可能に!
お客様から伺った情報をきちんと登録、更新すれば、リアルタイムで一覧表示されるので、状況判断と対応が時間をかけずにできます。

手間をかけずに、カンタンに状況把握する。

記憶ではなく記録をきちんと活用する。POINT2

カルテ×アフターカード

家を引き渡した後、定期点検やメンテナンスは欠かせません。しかしながら時間経過とともにお客様のこと建物のことについての記憶は薄れていきます。
“記憶”に頼るのではなく、“記録”に頼りましょう。「アフターカード」機能は、建物の情報、現在までの経過などをカンタンに一覧表示できるので、事前に情報を把握した上で定期点検やメンテナンスに臨むことができます。お客様の安心と信頼関係持続のため役立ちます。

日々の記録を、未来につなぐ!

シンク

いつでも、どこでも。

あなたが動くと、リレーションマネージャーだって動く。
社外で携帯する2つの機能。

専用アプリ「chronom」が大切な予定をつなぐ。POINT1

パソコン×スマートフォン

スマートフォンでもリレーションマネージャーをご利用いただけます。専用アプリ「クロノーム」を使えばスケジュールをスマートフォンでも更新可能に。
例えば、外出先でのスケジュールの変更。すかさず「クロノーム」を使って、予定を更新。更新したスケジュールは、パソコン版に自動的に同期されます。これで“後から書き写そう”などと起こしてしまいがちな、スケジュールの記入漏れをゼロに。

iPhone, iPad, Android対応

手間をかけずに、カンタンに状況把握する。

使い慣れた携帯電話社員みんなの予定もいっしょに携帯。POINT2

パソコン×モバイル

スマートフォンはまだという方は携帯電話でご利用いただけます。リレーションマネージャーモバイルを使えば、携帯電話からスケジュールも更新可能に。
スマートフォン同様に携帯電話で更新した予定はそのままパソコン版にも反映されます。docomo、au、Softbankの3大キャリアに対応しています。
※別途お申し込みが必要になります。

日々の記録を、未来につなぐ!

CRM公式 Facebookページ